News

十場天伸さん企画展『WONDERWALL』

Rohanでも企画展がはじまっています。

期間は12月1日〜10日まで。

展示期間中は無休で営業します。

作家の十場さんの新境地のスリップウェアをご覧いただけるはずです。

ぜひお越しください!

曲線をたどって

ある物語の起承転結や、

日々の暮らしの中で起こる喜怒哀楽やらなんやらには、

そこで起こる感情の起伏があるように、

様々な事象にそういった曲線のようなものがあるなぁと、

最近、よく考えるようになりました。

うーんと昔、音楽を聴いては、その音の波のようなものを、

鉛筆で描いていたことをよく覚えています。

それもきっと、当時の僕なりに作品に反応して、その輪郭のようなものをなぞることで、

何かを捉えようと試みていたのかもしれません。

ひとつの音楽、ひとつの映画、ひとつの小説。

胸を打つ作品には、その世界に没入させてしまうような、

美しい魔法のような曲線があるのかな、きっと。

そして曲線を知ることは、人間を考えることにもつながるのかも。

そんなことを少し意識して、物事を見つめていきたいなぁと、

最近は思うようになりました。

 

 

舞台や劇場のような

7月もあっという間に過ぎてしまって、
ブログに何を書こうかなぁなんて思っていたら、
もう今月も終わりですね。。。

さてさて、つい先日、
映画『魔女の宅急便』のことを思い出していました。
と言っても、ストーリーのことではなく(キキもトンボも大好き)、
僕がまだ幼稚園の頃、初めて映画館で観た作品だったことを。
当時はどこまで内容を理解していたのか分からないけど、
大きなスクリーンと美しい音楽に包まれた体験が初めてで、
映画が終わっても、ずっと興奮していたことを覚えています。
だからなのか、学生の頃の学芸会なんかも大好きでしたし、
今でも憧れてしまいます。
舞台の幕が開く前の緊張や期待、
独特の静けさが、今でもやっぱり好きですし、
非日常的な空間に惹かれやすいように思います。

空間やそこに纏う空気を、もっともっといろんな場所で、
意図的に構築できるようになりたいなぁ。

そんなことも考えています。

とうとう暑い季節がやってきた。

7月に突入しましたね。

まるで太陽の日差しが7月だ!と言わんばかりの力強さに、

僕は早くもギブアップしそうで、今日の浜松はそれぐらい暑いです。

短パンにTシャツにサンダルでビーチへ行く、、、、

というのが趣向的にどうしてもできないので、

少し羨ましいのですが、やっぱり夏は苦手です。

遠い秋の日を楽しみに、

せめて音楽だけでも夏らしいのを聴こうかなと思っています。

その方が気分は涼しげになるのかも。

とはいえ、夏を舞台にした小説や映画は大好きな作品も多くて、

なかでも『500日のサマー』は比喩的な夏だけれど、

観たり読んだりするとレモネードを飲みたい気分になります。

が、実際には数回しか飲んだことないので、あくまで想像なんですが、

そういうときは、やっぱり作ってみることで、

自分らしい夏を感じるのかもしれないですね。

今年はもう少しだけ、外へ出かけるように心がけたいです。

 

 

6月も終わりそうで。。。

早いもので、もう6月も終わりそうです。

まだ始めたばかりのブログも、しっかり更新しないとなぁと反省しつつ、

今日は書いています。

あっという間に時間は過ぎていくので、

毎日のことを出来るだけ記せるように、文を書くのもきっと習慣なのでしょうね。

継続できるようにしたいものです。

さてさて、

今は幾つかイベントを考えていて、徐々にではありますが動いています。

気づけば今年もあっという間に半分が過ぎました。

どれだけのことを年内に実現できるのか、楽しみながら挑戦したいと思います。

 

言い切り続けよう。

『何でお店を始めたんですか?』と度々聞かれることがあります。

その理由は、それこそ挙げれば切りがないくらい沢山ありますが、

僕もなぜ始めたのか、実は不思議に思うところもあるのです。

準備を始めたときは、そういうことを全く考えてなかったんですよね。

もう気付いたら動き始めていたというのが、正直なところなので、

それぐらい夢中になって、今日に至るのかもしれません。

お店は、もう何を言っても、どうジタバタ足掻こうとも、

その店主の美意識が反映された、言い訳出来ない空間だと思うのです。

それって、とても怖いことでもあるし、照れくさいし、醍醐味でもあります。

だからこそ、これが美しい!と言い切り続けるお店でありたいと思うのです。

目指す場所は遥か遠くですが、なんでも挑戦です。

えいっと、静かに燃えています。

それでも長袖派。

オープンしてから10日余り、気付けばあっという間に6月です。

街を歩く人も半袖の方が徐々に増えてきました。

暑い季節になるといつも思うのですが、

僕は半袖を着ません。真夏でも着ません。

どうも素肌にひゅーっと吹く風が苦手で、

長袖を手首の上あたり、少し巻くぐらいにしています。

『オシャレは我慢』なんて言葉がありますが、

これは夏に厚着をする意味じゃないですもんねー。。。

うーん、早く秋にならないかなぁ!などと思いながら、

真夏になればなったで、意外と楽しんでいたりもします。

さてさて、今年は暑くなるのでしょうか??

どんなに暑い日が続いても、僕はやっぱり長袖派です。

 

 

 

 

待ち続けること。

椅子に座って、どなたか来るのを待ち続けるのは、

僕がまだ大学生の頃、

東京の古本屋さんでアルバイトをしていたときなので、

もう随分と時間が経ち、その時のことを少しだけ思い出したりします。

好きなお店、居心地の良いお店ってなんだろう。

それは人それぞれ違うけれど、

僕にとってのお気に入りは、

店主に会いたい場所、言葉を交わす場所、不思議と安心する場所、

そんな体温のある場所だったように思うのです。

ほとんど買い物はしてないのに、いつも優しく微笑んでくれた生地屋さん。

どこかの教会のように静謐な空気に包まれた、本屋さん。

話しすぎて、いつもお金を払うのを忘れそうになった、たこ焼き屋さん。

皆さん、素敵な店主さんです。

Rohanもそんな風に、誰かにとっての必要な場所になれるなら、

そのために精一杯を尽くそうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

オープンから一週間が過ぎました。

Rohanオープンから一週間。

どんな方が来るのかなぁなんて、意外と緊張していたり。

お客さんによって興味の持つ作品が違うことも、

オープン前から考えてはいたけれど、

それを目の当たりにすることで学ぶことが沢山あります。

お取り扱いの作品一つ一つに思い入れがあるので、

手元から離れることは少し寂しいけれど、

うつわにとっては良いことなのでしょう。

そのことに、少し慣れることが必要かもしれません。

 

 

 

 

 

 

本日は撮影日和!?

なぜなのでしょう?

昔から晴れて欲しいと思う日に限って、雨。

やっぱり雨。予想通りの雨。

雨は好きなのですが、今日は晴れて欲しかったなぁ。。

僕は雨男なんですよねー。。。

今日はHP更新のため、Rohanのブランディングを担当してくれた、

sheepの山川さんと写真家の林直美さんが、撮影のためお店に来てくれました。

店内に心地よく響くフィルムの音。

その音と音の合間の緊張感が、どのように作品として立ち現れるのか、

今からとっても楽しみです。

今日は17時からと遅い営業開始にもかかわらず、

そこに合わせてお客様がご来店してくれました。とってもありがたいことです。

明日からは通常営業となります。

少しづつRohanのお取り扱い作家さんについてもご紹介できたらと思います。

明日27日は快晴のようですよー!