News

暮しの手帖は永遠のスタンダード

本日発売の『暮しの手帖』のなかにある、岡本仁さんの連載『今日の買い物』にRohanを載せて頂きました。僕は20歳の頃からずっと読んでいて、初代編集長の花森安治さんの時代(創刊2号!)から古本屋さんで見つけては収集して沢山読んでいます。時代によって生活を軸にした雑誌は数多あれど、結局戻ってくるの『暮しの手帖』です。永遠のスタンダード。嬉しいを超えて、恥じないお店になれるよう、もっと努力しなさいと背中を押されたように思います。他にも浜松の諸先輩方の素敵なお店が掲載されています。ぜひぜひご覧ください!浜松、素敵な町です!

 

 

菊地亨 作陶展 スケールスケール

菊地さんとの出会いは昨年の秋のこと。益子の陶器市でとびっきりの輝きを放っていたのが、菊地さんの作品でした。胸の鼓動が抑えられなくなった僕は、思わず話しかけてしまったのです。いつもは実際に使って、身体に馴染む作業をするのですが、今回は異例中の異例。それだけ作品に鷲掴みにされたのです。
作陶展の『スケールスケール』タイトルの通り、測る、をテーマにしております。店内の什器やロゴ、はたまた僕のメガネのサイズから黄金比まで。どんな空間になるのか、どんな作品が待っているのか、今からワクワクが止まりません。そして、この企画展は、今後のRohan の大きな指針になる予感を感じています。

スタートは今週末21日から。皆さまぜひぜひお越しくださいませ!!

内田裕太さん作陶展『cosmic』

栃木県を拠点に作陶する、内田裕太さんの企画展を開催いたします。

今回はcosmicをテーマに、

天体や宇宙を感じ、さらなる広がりと深まりを増した作品が並びます。

20代の若き才能に触れる絶好の機会です。

皆様のお越しをお待ちしております。

比地岡陽子さん 作陶展

比地岡陽子さん(鹿児島)の作陶展が始まっております。

その作品を手にしたときに伝わる大地の匂い、光や風の色、土地の記憶。

うつわを選ぶことが生きることだとしたら、

静寂と逞しさを感じる作品に出会いたい。

今回はそんな空間が広がっています。

期間は5月6日まで。

この機会にぜひご覧くださいませ!!

春の音が聞こえる

はやいものでお店をOPENしてから9ヶ月が経ちました。

5月にお店を開いたので、

そこからすぐに梅雨が来て、夏が来て、あっという間に年末が来て、

今日まで、なんとかやってこれたと同時に、

長く続いているお店ってスゴイなぁとあらためて思います。

最近、すこし太陽の日差しが暖かな色になってきました。

まだ2月ですが、ゆっくりと季節が変化して、

もう目の前まで春がやってきた、そんなことを身体で感じています。

春の音が聞こえる、

来月はそんな空間になるように努めたいです。

 

 

 

大渕由香利さん企画展『tiny flowers』

本日から常滑の陶芸家、

大渕由香利さんの企画展『tiny flowers』がはじまります。

眼の覚めるような発色の素敵な作品がたくさんで、

とっても楽しい空間になっています。

みなさん、ぜひお越しください!

十場天伸さん企画展『WONDERWALL』

Rohanでも企画展がはじまっています。

期間は12月1日〜10日まで。

展示期間中は無休で営業します。

作家の十場さんの新境地のスリップウェアをご覧いただけるはずです。

ぜひお越しください!

曲線をたどって

ある物語の起承転結や、

日々の暮らしの中で起こる喜怒哀楽やらなんやらには、

そこで起こる感情の起伏があるように、

様々な事象にそういった曲線のようなものがあるなぁと、

最近、よく考えるようになりました。

うーんと昔、音楽を聴いては、その音の波のようなものを、

鉛筆で描いていたことをよく覚えています。

それもきっと、当時の僕なりに作品に反応して、その輪郭のようなものをなぞることで、

何かを捉えようと試みていたのかもしれません。

ひとつの音楽、ひとつの映画、ひとつの小説。

胸を打つ作品には、その世界に没入させてしまうような、

美しい魔法のような曲線があるのかな、きっと。

そして曲線を知ることは、人間を考えることにもつながるのかも。

そんなことを少し意識して、物事を見つめていきたいなぁと、

最近は思うようになりました。

 

 

舞台や劇場のような

7月もあっという間に過ぎてしまって、
ブログに何を書こうかなぁなんて思っていたら、
もう今月も終わりですね。。。

さてさて、つい先日、
映画『魔女の宅急便』のことを思い出していました。
と言っても、ストーリーのことではなく(キキもトンボも大好き)、
僕がまだ幼稚園の頃、初めて映画館で観た作品だったことを。
当時はどこまで内容を理解していたのか分からないけど、
大きなスクリーンと美しい音楽に包まれた体験が初めてで、
映画が終わっても、ずっと興奮していたことを覚えています。
だからなのか、学生の頃の学芸会なんかも大好きでしたし、
今でも憧れてしまいます。
舞台の幕が開く前の緊張や期待、
独特の静けさが、今でもやっぱり好きですし、
非日常的な空間に惹かれやすいように思います。

空間やそこに纏う空気を、もっともっといろんな場所で、
意図的に構築できるようになりたいなぁ。

そんなことも考えています。

とうとう暑い季節がやってきた。

7月に突入しましたね。

まるで太陽の日差しが7月だ!と言わんばかりの力強さに、

僕は早くもギブアップしそうで、今日の浜松はそれぐらい暑いです。

短パンにTシャツにサンダルでビーチへ行く、、、、

というのが趣向的にどうしてもできないので、

少し羨ましいのですが、やっぱり夏は苦手です。

遠い秋の日を楽しみに、

せめて音楽だけでも夏らしいのを聴こうかなと思っています。

その方が気分は涼しげになるのかも。

とはいえ、夏を舞台にした小説や映画は大好きな作品も多くて、

なかでも『500日のサマー』は比喩的な夏だけれど、

観たり読んだりするとレモネードを飲みたい気分になります。

が、実際には数回しか飲んだことないので、あくまで想像なんですが、

そういうときは、やっぱり作ってみることで、

自分らしい夏を感じるのかもしれないですね。

今年はもう少しだけ、外へ出かけるように心がけたいです。